「“楽天カードのお知らせ” が迷惑メールに入ってる…」 これ実は“ウイルスの可能性大” 絶対に開かないで!! #拡散希望

スクリーンショット 2017 12 02 0 33 25

楽天カードから「カード利用のお知らせ」メールが届いた。しかも1週間のうちに数回。このメールは異常。通常、楽天カードから正式に送られてくる場合、月に一度 請求が確定された時点で送られてくるメールだからだ。

今このメールを装い、ウイルスをダウンロードするサイトへ誘導しようとするメールが大量に送られている。

何を見れば分かるのか。このスパムは、一般ユーザーにとって見分けるのは至難。上で紹介したメール画像に記載の楽天URLは一番分かりやすい例だが、URLの一部に「rms」という文字が入っている。これは「RakutenMerchantService」といい、Merchantは商人、つまり楽天で商売をする人のサービスを指しており、楽天市場にショップを開店している方が使うURLに使われている単語だ。これが楽天カードに直結するはずはなく、そこで私はスパムと断定できたのだ。
しかし、一般的な楽天カード利用者には必要とする情報ではなく、認知度はかなり低いだろう。このように知る人の方が少ないような判断材料しかないのが事実だ。
送信者のメールアドレスを確認しても楽天のメールアドレスとなっており、メールの内容に記載されているURLも“ぱっと見” は楽天カードのURLとなっているため とてもタチが悪い。

スクリーンショット 2017 12 02 0 44 44

Macの純正メーラーをお使いの方なら何か不穏な動きをしていることにお気づきいただけるだろう。

実はこのURLは偽装された物で、人が目にしているURL自体は楽天が所有するドメインとなるが、リンクされているサイトは全く別のサイトなのだ。

現状で私の元へ届いている件名は次の4通りである。

  • カード利用のお知らせ
  • 【重要】カスタマセンターからのご案内【楽天カード株式会社】
  • 口座振替日のご案内【楽天カード株式会社】(楽天カード)
  • 【重要】定期的なID・パスワード変更のお願い/コンピュータウイルスにご注意を

このメールが届いた場合、見分けるのは難しい。メールが届いてもメールは開かずにGoogleやYahooなどを利用し、ご自身で楽天カードのページを検索し、そこからアクセスするように心がけたい。

みんなにシェアする
SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク