iTunesカード(コード)をAppStoreに入力して“コードを使う” ボタンを押したのに「先に進まない!」

スクリーンショット 2017 03 16 17 50 01

MacのAppStoreにiTunesコードを入力して“iTunes Card/コードを使う” ボタンを押したのに何の反応もなく先に進まない。

結論から言うと、これで「完了」のようだ。

普段コードを入力することがあまりないので、これで正しいのかどうか分からなかったのだが、おそるおそるポイント残高を確認したところ、間違いなく入力されていた。

iTunesカードとは

スクリーンショット 2017 03 18 0 22 19

iTunesカードとは、AppleのiTunesで音楽を購入したり、有料Appを購入できるプリペイドカードだ。よくコンビニにクレジットカードサイズのカラフルな模様が描かれたカードがあると思う。あれがそうだ。

余談だが、コンビニにあるiTunesカードを万引きしても無駄だぞ!あのカードはレジを通さない限り使用ができないからだ。足が付く危険性もある。

iTunesコードが正常に反映されたかを確認をする方法

MacとiOS製品(iPhone, iPad)では確認方法が異なる。まずは簡単なiOS製品から説明をしたい。

iOS(iPhone, iPad)の場合

▼ホーム画面からアイコンを見つけタップする

1

iTunesカード(コード)は入力するとAppStoreとiTunesStoreのどちらでも使える。どちらのアイコンでも同じ残高が表示されるので、どちらでもいいのでタップして開く。

▼一番下へページを移動する

IMG 3439

下のタブが“おすすめ” になっていることを確認して、ページを一番下までスライドしていく。
一番下に“Apple ID” が表示され、その枠内に金額が表示されている。これがポイント残高だ。金額の後ろに「クレジット」の文字が付いているが、これは“クレジットカード” を意味するものではなく、残高を意味している。

Macの場合

▼App Storeを開く

2

iTunesからも確認はできるがAppStoreの方が手っ取り早いので、今回はこちらから確認をすることにした。

▼右列のナビリンクから「ようこそ、●●さん」を見つける

スクリーンショット 2017 03 18 0 43 21

Apple IDのパスワードまたは指紋認証を求められるので、忘れた方は予め確認しておくといいだろう。

スクリーンショット 2017 03 18 0 48 42

残高は「Apple IDの概要」一番下に記載されている。「Apple ID 残高」という項目がそれだ。

スポンサーリンク
みんなにシェアする
SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク