「GmailもiCloudもリアルタイム通知OK!!」全てを極めたメールApp “Spark”が猛烈に使いやすい

1

完成度の高さに驚かされた。ほぼ全ての悩みを解決したiPhone用メーラー“Spark”。

GmailはGmail専用メールアプリで、iCloudメールはiPhoneやiPad純正メーラー。というような使い分けはもう必要ない。これからは全てのメールを1つのメールAppにお任せできる。

このメールAppには死角がほぼない。できないことの方が少なすぎて「この機能が欲しい…。」ということが思いつかないレベルだ。
おまけにiPhoneやiPad意外にもMac用まで用意されている。しかも全て無料で。広告も入らない。ユーザーの利益しか生まないAppを世に放ったこのメーカーはGODなのか。

普通ならば、「Gmailのリアルタイム通知ができますよ。」とか、「新着・メルマガ・重要のようにタブ分けして表示してくれます。」という風に、そのAppが得意とする機能が紹介できる。しかしこのAppに関しては、できないことの方が少ない上に、完成度も非常に高く【何を売り文句にしているのか分からない】のである。

しかしそれではレビューにはならないので、私が気に入っている機能を紹介したいと思う。

くれぐれも念押ししておくが、末尾に書いた不満点以外はほぼ全てのことができる。あくまで私が気に入っている機能を紹介するだけなので、後はダウンロードしてご自身の手で確かめていただきたい。

メールがもう一度楽しくなるを

「メールがもう一度楽しくなるを」がスパークの謳い文句。楽しさとは何かを考えたとき、それは自分が求めている観覧方法に近づいたストレスの少ない環境ではないだろうか。

iPhone用Sparkの特徴は、ほぼ全ての操作が片手でできるように設計されたUI。フォルダ別に「新規」「通知」「メルマガ」のように仕分けられており、画面を下へ くっていくことで既読になると一番下に用意された受信トレイへ自動移動する方法を採用している。これをSparkでは“Smart Inbox”と名付けている。
iPhone純正メーラーで言うところの“全受信”がそれに近いかもしれない。ただそれだけなら私も驚かないのだが、そのSmart Inboxに施せるきめ細かな設定環境。これが多くのユーザーに使い勝手と利便性を与えている。

Smart Inbox

IMG 3276

上の画像がSmart Inboxだ。このような感じで、新着や通知、メルマガといった内容に仕分けをしてくれている。

このくらいなら他のメールAppでも仕組まれていることで、ここからがSparkの本領発揮である。設定を見に行った途端、このSmart Inboxの設定の柔軟性に感服するだろう。
この新着などのフォルダを“カード”と呼ぶそうで、このカードの種類は 新規・通知・メールマガジン・ピン付き・受信トレイの5種類からなる。

全てのカードに同じ機能が備わっているので“新規”カードで説明をするが、カードは複数のアカウントを3種類の方法でカードの仕様変更ができる。

IMG 3276 2

表示させるメール件数も1から10、または無制限の設定ができる上、アカウントごとにカードへ表示するか否かまでも設定できるのはSparkならではでないだろうか。
カード自体を単体で消していくこともでき、例えば“メールマガジン”カードのみを消すことも選択できる。消されたカードは通知されないのかと思うかもしれないが、5種類のカードは親から子の順番で並んでおり、メールマガジンを消すと通知カードで通知をされるようになる。応用を利かせるとメールマガジンの新着が不要なのであれば、メールマガジンカードの設定でアカウント非表示にすることでメールマガジンだけ排除した新着メールを確認することができる。
ここで間違ってはいけないが、メルマガの新着通知が来ないのではなく、“メルマガ”カードが表示されないようになる。 

受信トレイをSmart Inboxから消してしまえば、新規に受信したメールのみを確認する事ができるようになる。このSparkには遊び心も用意されており、“新規メールなし”というカードも用意されている。このカードをオンにしておき、新着メールや受信トレイが全て空になった時には、下にあるような画面が表示される仕組みだ。

IMG 3281

割り切ったセッティングの通知

通知自体の柔軟性も凄い。GmailやiCloudメールもリアルタイム通知してくれるのだ。

IMG 3284

通知方法は非常に割り切りの良い3種類しか用意されておらず、これには潔さを感じた。アカウントごとに通知の有無も設定できるのは便利だ。

IMG 3289

ただし、通知設定がこれだけに留まるわけではなく、アイコンに表示されるバッジの表示に関しても痒いところに手が届いている。色々なメールアドレス(アカウント)が混同したメーラーでありがちなことといえば、新着通知数が膨大な数になり、すぐに返信しないと行けないメールに気付かなかったりスルーしてしまうことではないだろうか。どうしても気付かないといけない私用メールは新着通知数を表示させ、休みの日にも止めどなく送られてくる仕事のメールにはバッジアイコンを表示させない(カウントさせない)設定ができるのは本当にありがたい。

右利きも左利きも関係なくスマートなスワイプ操作

右利きの私だが、細かさ作業やスマホの操作は左手の方が得意で、スマホは左で操作をしている。そこで困るのが、右利き用に設定されたスワイプ操作だ。このSparkに関しては、左から右へスワイプする設定もできるようになっている。

 

使い心地がいい

これだけの機能を惜しげもなく追加しているAppだが動きがサクサクなのには驚くばかり。不便を感じる部分の設定を変更していけば、きっとメールがもう一度楽しくなることは間違いないだろう。

 

唯一の不満点を書けば、複数のアカウント(メールアドレス)を登録した際、その時にアカウント別新着メール一覧(カード)がアカウントに使われているメールアドレスの文字を元にして昇順固定になる。使用頻度の高いメールアドレスや、重要なメールが届く割合の高いメールアドレスの新着は最上位に表示させておきたいと思うのは私だけだろうか。

Spark for iPhoneはこちら

Spark for iPadはこちら

スポンサーリンク
みんなにシェアする
SNSフォローボタン

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク